--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.13
Wed
エアタンク増設後、横に並べて使ってたんですが
何となくよくある風な縦積みにしたくなって工作しました。

といってもアルミの端材でアングル組んで乗せただけ。
タンク、アングル、コンプレッサはそれぞれ固定されていないという自由さ。

wave317

ついでに余っていたPCファンをつけて熱対策も。
机の下なので電源オンオフはこれまた余っていた手元スイッチで。
ここまでタンク込で追加購入約800円。


なんだか見た目はそれっぽい。(どれ?)

はじめからタンク付き買っとけって話ですが
安く上がったし良しとしましょう。



スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
03.04
Mon
こないだエアブラシにエアタンクを付けました。

今までWAVEの317を使ってましたが脈動って言うんですか?圧力が一定しないのに苛立ちがなくはなかったです。
それでもまぁどうしようもないって程でもなかったんですがオークションでエアホーン用の中古タンクが安く入手できたので。

結果、当然ながら超安定。あー本来こんな風に使うべきなんですねって感じです。やや反省。

以前317本体の防振はしてますが、今回ついでにホースを延長して本体+タンクを机の下に移動したので体感的にはもう少し静かになりました。

まぁ上を見るときりがないので、オイル式静音モデルはオイルミストがあれやしねとか、高価で良いのは当然だよねとか、そういう風に納得させてここらで満足することにしまーす。

ちなみに3L 0.5MPaをいっぱいにするのに1分位です。


何事もカスタマイズとリユースということでー。








comment 0 trackback 0
08.26
Fri
ウェーブ・コンプレッサー317の水分混入のキーワードで来られている方が多いのでコメント追記しようと思います。

結論から言うと317は水が混じりやすいです。
私はそう思いました。
ドレンを頻繁にケアしていても急に出てきてがっかりすることがありました。

以前にも書いたように前はクレオスのL5を使っていましたがその時は水分の混入は気にもならない状態でした。

対策として今はクレオスのドレン&ダストキャッチャーをつけています。
これ以降水分混入はぴたりとおさまっています。

ジーエスアイ クレオス¥ 2,004

グリップにもなってなかなか良好です。

317については購入してしばらく使っていますが満足度は微妙な点が多いかも、、
・駆動音、振動、脈動は気になりだすと気になる。
・水分の混入
・時間制限(オーバーヒート)
それぞれ対応は可能ですが正直クレオス・L7の方がよかったかなぁとふらふらし始めています。
ちょっとお高いですけどね。

ジーエスアイ クレオス¥ 22,323 (39% OFF)

継続して使用して、また書きたいと思います。
例によって私見ですのであしからず。

comment 0 trackback 0
04.07
Thu
プラモ復帰依頼ずっと使っていたクレオスMr.リニアコンプレッサーL5を 手放してウェーブ・コンプレッサー317を購入しました。

L5で特別に困ったことがあったという訳ではないのですが なんとなく更新したくなったので、、 簡単に使用感など。

コンプレッサー317

主な仕様は以下のような感じ。(メーカHPより)
ウェーブ 317 クレオス L5
連続圧力 0.22MPa 0.10MPa
吐出空気量 17 ℓ/min. 5.27 ℓ/min.
作動音 46db 50db
サイズ 245×140×220mm 160×120×160mm
重量 4.5kg 2.4kg
使用時間 30分(オートスイッチ) 連続

これだけ見ると「大きくて時間制限があるけど、若干静かで圧力・流量アップ?」と見れます。
実際手にぶら下げて動かすとそんな感じです。
音色はL5がシュシュシュという感じだったのに対しブーンって感じです。いかにも中で回ってる感じながら静か。
ただこれが机の上に置くとはなしが違う。

この317を机の上、私の場合はテーブルの角っこなのですが、に置くと振動が全体に伝わって机全体がブブブと音を上げます。明らかにこのままでは使えないレベル。
さらに動きはじめと終わりが強烈でブルンブルンってなってます。揺れるし。動くし。

でも買ってしまったものはしょうがないので対策。
 箱に入れる→不格好、スイッチや圧力調節がしにくい。
 机の下+座布団の上に置く→消音効果はあり。しかし調節がしにくい上、ホースが届かない。
そこで正攻法ながら除振台を設置することにしました。

こんな感じ
除振台

もともとついていたゴムの吸盤を取り除いて、重量と周波数を考慮のうえ選定したものと交換。さらにすべり防止もかねて除振シートも併用してみました。

結果、効果絶大。机の共振はなくなり駆動音のみ、今のところ全く問題なしです。
こうなってしまえばオートスイッチや圧力アップの分便利です。
特にオートスイッチは思った以上にいいですね。

以上です。なんでもカスタマイズが重要ということだと思いました。
例によって私見ですので悪しからず。

Wave¥ 19,800 (5% OFF)
ジーエスアイ クレオス¥ 17,958 (39% OFF)
ジーエスアイ クレオス¥ 1,260

comment 3 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。