--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.11
Tue
肩の取り付け部分について。

HGUCではもはや標準となっている引き出し式を採っていますので、前方への可動範囲はデザインのわりに大きくなっています。
反面、後方への可動は無いので胸を張った姿勢をとるには何らかの改造が必要です。

腕側の軸をボール軸に変更するやり方もあるようですが、これだと胸を張った際に腕と体の間に不自然な隙間が出来てしまいます。
そこで今回は引き出し間接の基部ごと表裏を反転させみました。

HGUCクシャトリア.jpg
改造後

引き出し間接のABSパーツは表裏対称なので、本体側の干渉する部分を慎重に削ってやればOKです。
肩の円形グレーパーツ下半分にPCが入っていますが、コレを反対側に移動しました。
ちょうど反対側に同じ分だけのスペースがあります。
ただしこの時、裏側のパーツにあるPCのアテも
キツめに作ってやらないと巨大な腕の重量を支えられませんのご注意を。

HGUCクシャトリア.jpg

以上の作業で基部ごと後方に稼動できるようになりました。
当然前方への可動はなくなりますが
この機体は腕を前に出すより胸を張っているほうが似合うと思いますのでコレで良しとします。


comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://midnightpramo.blog106.fc2.com/tb.php/10-cfb1fdc6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。