--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.22
Sat
作業に使用してるピンセットについて。

_DSF3974.jpg

タミヤ ストレートピンセット
MEISTER 00C-SA
MEISTER 5A-SA
KFI K-3-GG

何種類か試しましたが現在はこの4本
特にMEISTER 00C-SA を使っています。

s-_DSF3976.jpg

模型製作でピンセットに求めるものは何でしょう?
1)パーツのハンドリング
2)マスキングテープ貼り
3)接着までの押さえ
4)長時間使用しても疲れない
あたりではないかと。

作るモデルにもよるのですが
ガンプラでは意外と2)や3)のような
ちょっとした力技が欲しい時が多いのではないでしょうか。

その点このMEISTER 00C-SAは先端が肉厚になっており
上記4点をかなり高いレベルで満足してくれます。

s-_DSF3979.jpg

もちろん先端のあわせも高精度ですので
0.3mm径の金属線のハンドリングくらいは楽勝ですし
マスキングテープを引っ張ってもねじれたりする事はありません。

さらに高精度を求める時には 5A-SA を使います。

s-_DSF3983.jpg

力いっぱい閉じても全く開かない先端の仕上げはさすがです。

s-_DSF3985.jpg

ただ先端が繊細すぎて正直、若干持て余します。。。

KFI K-3-GG の魅力はやはりコストファフォーマンス。
もちろん精度は必要十分。
うっかり落として先がパーになっても
ちょっと涙を流すくらいで大丈夫なはずです。

タミヤは完全に力作業用。

要は使い分けということですが
正直 00C-SA 一本あれば大丈夫と言うくらいオススメです。

アズワン¥ 2,940
アズワン¥ 3,931
幸和ピンセット工業¥ 870
タミヤ¥ 473



comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://midnightpramo.blog106.fc2.com/tb.php/30-ac5a93d4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。