--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.26
Wed
市販ディティールアップパーツについて

近年、各社から出ているお助けパーツのお陰でプラモデルのディティールアップはずいぶんと楽しく、かつ高精度になりました。
価格も手ごろなものが多く助かりますが、それだけに配置や組合せなどに配慮が必要だと思います。

そんな便利グッズですが使っているとデザイン的、サイズ的に自分のお気に入りというか消費に偏りが出ますよね。
自分の場合、O-ボルトのドーナツ型のやつのφ1.5と2.0mmが極端に減ってしまいます。
全部を使い切ればコスト的にお安いのだろうと思いますが、実際には上記のような状況なので割高感が否めません。

そこでよく使うパーツの複製に挑戦しました。

選んだパーツをプラ板に接着、型枠の底に両面テープで貼り付けて原型とします。
おゆまるでの型取りも考えましたが精度的に厳しかろうと判断しました。
ちなみに今回の型枠は某有名シュウマイ弁当の醤油皿(笑)
実際こういう小さなプラトレイがなにかと便利です。

s_DSF4072.jpg

キャストを適量流した後、裏面型兼オモリを乗せます。
小さくて重くて平坦なものが理想ですが
今回はステンレスの板があったのでそれを使用しています。

s_DSF4075.jpg

でキャストを流したのがこちら。

s_DSF4074.jpg

うまくすると先端まできちっと再現できますが、昨日の成功率は3/5程度。
先が無かったり、途中が無かったり、、、
まぁ概ね成功なのでパーツをもっと増やしても良いかもしれません。
天気のいい日を見計らって継続したいと思います。


■あってよかった
Wave¥ 3,980

Wave¥ 3,980 (5% OFF)



comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://midnightpramo.blog106.fc2.com/tb.php/32-088e22b8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。