--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07.27
Tue
バズーカとコアファイターを組み立ててシール貼りまで終了しました。

RGガンダム RGガンダム

Ver.Ka以降全身文字だらけが流行ですね。
好みの分かれるところではありますが
キットを味わいつくす意味も込めてここは説明書どおりに。

ただしこの後つや消しコートをする予定なので
シールのうち金属光沢部分は切り取ったあとで貼っています。

また付属のシールは位置あわせがしやすいように
意図的に余白が多く設けられています。
便利な反面、場所によってはモールドを隠してしまうところがあるので
そういう箇所は事前に切り取っています。

RGガンダム RGガンダム

ほぼ完璧な色分けですが、シールドの裏側は無防備ですので塗装した方が良いでしょう。

腰のウエポンラックも二重扉構造になっておりデザイン的にもHGUCより繊細で精密感があります。
武器側にピンがついており、それを使うことで保持力も問題ありません。

バズーカはスライド金型によって初めから筒型に成形されています。
ただしっかりとパーティングラインがあるので処理は必要です。
意味がないとまでは言いませんが中途半端に思いました。

今回一番気にいったのがこのコアファイター!

コアファイター

ちっちゃいモノ大好きとしては鼻血ものです。
全長約40mm。プロポーション的にもこじんまりと、かつ変形機構による破綻もなく、すばらしいと思います。
作り込み用にこれだけあと10機くらい欲しいぐらいです(笑)

へんてこアクションポーズ
RGガンダム

腰やら腹やらいろんなところが微妙に動いてくれるお陰でちょっと無理な高さの足掛けポーズもそれなりに自然な(?)格好にまとまります。これだけ見てるとPGみたいですが踏みつけてるのはタミヤエナメルの瓶です。。。

RGガンダムg RGガンダム

ももとすねが連動スライドしますが、どちらもスライド量が大きすぎてポーズによってはちょっと不自然に見えます。二の腕は適切量かと思います。
というか初代ガンダムであまり派手に装甲がずれる事自体違和感があります。


comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://midnightpramo.blog106.fc2.com/tb.php/61-1b4a5ea6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。