--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07.29
Thu
ポイントレタッチとフィギュアの塗装

キットには金属表現を行うためのシールが付属します。
ただ場所によっては折角のモールドがつぶれてしまうのでもったいないです。
またあんまりピカピカすぎるもの好みではないので
今回はそれは使用せず塗装にしました。

塗装にはいまや希少種のメッキシルバーを筆にとって使いました。
ちなみに「めっき」は日本語なのでカタカナ表記「メッキ」は誤りで
「めっき」または「鍍金」が正しいそうです。

膝裏の金属色とかは1/1ガンダムの特徴なのでしょうが
完全に好みとは離れるので塗装もしません。
代わりにグレー系のドライブラシでモールドを強調することにしました。
極軽く。

最後にフィギュアの塗装

s_DSF4264.jpg

はじめにモールドの微細さを堪能しつつ、パーティングラインの処理を行ないます。
ペーパーよりデザインナイフがやりやすかったです。

バズーカの悲劇を踏まえ、まず全体にMrカラーのクールホワイトを吹きつけ。
この際、折角のモールドを埋めてしまわないように
かつ、しっかり被覆するために薄目を何回も吹きます。

着色はいつも使っているクサカベの油彩とW&Nのシリーズ7-No.000。
油彩は各社を比較した訳ではありませんが
クサカベは価格と品質のバランスが優れているように思います。

眼鏡にはさむタイプのルーペも便利です。

そんなわけで次回完成報告!


【あってよかった】
クサカベ¥ 2,520

Winsor & Newton¥ 1,101 (8% OFF)

ホルベイン画材¥ 179

株式会社クリアー光学¥ 4,580 (9% OFF)


comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://midnightpramo.blog106.fc2.com/tb.php/64-ac96d074
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。